マンション暮らしで注意したい大切なこと

リフォーム前提の中古マンションを選ぶ際の注意点

景気回復がまだまだという今、新築マンションではなく、あえて中古マンションを購入し、自分のライフスタイルに合わせてリフォームして、理想の住まいを手に入れる人が増えています。中古マンションなら、立地条件のよい物件を選びやすいですし、資金も少なくてすむからです。また建売の新築マンションでは全てが自分の好みとはなかなかいかないものですが、中古マンションをリフォームとなると自分の好みどおりにすることができる場合もあるからです。ただ、物件によっては全てが自分の思い通りにならない場合もありますので、リフォーム前提の物件選びの注意点を挙げてみます。

まずマンションの場合、間仕切り壁が器や石膏ボードでできている場合は、壁を移動したり撤去したりすることも可能なので、間取りを変更したり、部屋を広くしたりと、比較的アレンジしやすくなります。それに対しコンクリートの構造体となっている壁や柱は、建物を支える重要な部分なので、撤去することができません。またマンションの規約でリフォームの制約が定められている場合があるので、事前に必ずチェックが必要です。

また部屋の間取りを変更した際におのずと伴う配管、敗戦の移動も要注意です。二重床や二重天井の物件の場合は、床下や天井裏に空間があるので、給排水管や照明用の配線を移動することができ、比較的自分の理想に近いリフォームが可能ですが、そうでないと不可能な場合もあるので確認が必要です。物件によっては築年数が古いと、自分の理想に近づけるリフォーム以外にも断熱工事等追加工事が必要となる場合がありますので、注意しましょう。このようにリフォームにもそれなりの予算が必要となりますので、リフォーム込の自分の予算を設定し、それを念頭に置いて中古マンションを探すといいかと思います。

お勧めのサイト